2007年03月26日

英語でしゃべらナイト 2007/03/23放送<br>未熟な英語だからこそできること

松本アナウンサーと釈由美子さんが卒業ということで、そういう特別構成になっていました。松本アナも釈さんも感想は共通で、やはり英語そのもののうまい下手ではなくコミュニケーションをいかに楽しくとるかということに意義があると言っていたように思います。

コミュニケーションを楽しく取るというのがどういうことかというと、たとえば松本アナの自身の感想のなかで出てくる言葉なのですが、いかに相手のことが知りたいとかもっと知ってもらいたいかを一生懸命やりとりしようとする姿にこそコミュニケーションはあって、それを実感することなんだと思います。これは英語でしゃべらナイトという番組の隠れたテーマでもあるわけで、そこがこの番組のおもしろいところでもあるわけです(逆に、うがった見方をすれば松本アナの感想はテレビ的につくられた模範解答と言えなくもないのですが)。

英語初級者にとって英語は不自由であるがゆえに、本音で虚飾も捨ててぶつかるしかないわけで、そうすると普段していなかったようなすごいコミュニケーションを経験をすることになるわけです。逆に、日本語どうしの会話の場合、日本語に精通していることが社会的な人間の証しでもあるわけで、精通しているがゆえに、その形式の洗練されている部分(大人な部分)が社会的には要求され、結果として本音を遠回し表現したり、本音を飾って見えにくくしたりするということでもあります。本音も必要ですが、社会はそういう洗練された部分も要求するわけです。

しかし、もしかしたら日本語におけるそういう洗練のされかたは日本の伝統的文化的な背景からなされてきたもので、それ自体がそろそろ危うげになってきているのかも知れません。つまり、そういうものではないもっと別の形での日本語の洗練を実現することはできるのではないだろうかと思ったりしました。(もしかすると、そういうものはすでにあるが僕が知らないだけかも知れません。)松本アナが、「相手をもっと知りたい、もっと知らせたいという気持ちで一生懸命接すれば、日本語ででももっとよいコミュニケーションができるかもしれない」と自身の感想で述べていたのですが、僕にはそれだけではだめで、やはり日本語自体の変革も必要なように思いました。

posted by eijin at 17:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

釈由美子
Excerpt: 釈由美子ファンの方必見!!!釈由美子の画像や水着画像や動画をお届け。ファンの方のお役に立てればと思います。釈由美子の整形の噂についても。。。釈由美子の最新情報を日々更新していきますので是非チェックして..
Weblog: 釈由美子画像ブログ:画像や水着や整形etc
Tracked: 2007-04-22 11:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。