2010年04月08日

爆笑問題のニッポンの教養
FILE104:「イルカと話す日」

太田光は全くイルカに興味がなさそうに見えるが、実際はこの教授に興味がないのかも。イルカ研究では食えないと吐露している村山教授の話は有用性ばかり追求する世間へのアンチテーゼにも聞こえるが、結局、研究を魅力的なものに見せることをしていないとも言える。番組では実際に、イルカにものを見せて、それに対応する「声」を発生させてものを認識しているとしていたけれども、犬に同様ことを芸としてさせたものを見たことがある。それとどれほど違いがあるのか、番組の内容を見ただけではよく分からない。
将来はイルカとコミュニケートしたいらしいが、イルカに言葉に教えたからといって、そもそもコミュニケーションが成立するものなのだろうか。もしかしたら人間とは全く違う思考方法をしているかもしれないのだから。それは正確には人間的な意味での「思考」とは呼べないのかもしれない(人間が考えるようには全く考えていない)のだから。その根本が違っていればコミュニケーションは不可能な気がする。もっとも、それを探る意味でも言葉を教えてみるということは意味があるということなのかも知れない。あるいは、その過程で、イルカがどのように思考しているだろうかと「人間が」いろいろ思考を巡らすときに、むしろ「人間の思考」というモノに関する発見があったりすると面白いな。
この記事へのコメント

????TCgIIII
http://tiki.pupipo.net/aedyuju/

??C`C`g????UIIII
???u[C??R(*L[`*)
Posted by ????? at 2010年09月18日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353330398

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。